映像京都の傑作中の傑作、「盤嶽の一生」「夜桜お染」
遂に初パッケージ化。2カ月連続発売!!

市川崑監督生誕100周年
待望の初DVD化!!

時代劇専門チャンネルが贈る傑作時代劇シリーズ第一弾。地上波未放送回含む、全10話。

嘘が大嫌いで、騙されても騙されても己の信念を曲げない浪人・阿地川盤嶽の生きざまをユーモアたっぷりに描く人情時代劇。 市川崑は第1回・第2回の監督を手がける。

封入特典
盤嶽の一生

『盤嶽の一生』は、嘘が大嫌いで、騙されても、騙されても己の信念を曲げない浪人・阿地川盤嶽の生き様をユーモアたっぷりに描く人情時代劇である。原作の白井喬二は、大正~昭和初期にかけて大衆文学で人気を博した作家で、同作は昭和7年(1932年)3月~12月にかけて「オール讀物」にて連載された。翌昭和8年(1933年)には、天才と謳われながらも、若くして戦地で没した山中貞雄が、大河内傳次郎の主演で映画化している。この映画に、若き日に感銘を受けた市川崑が映像化を切望し、全10話から成るテレビシリーズとして実現したのが、本作である。山中が撮った映画はフィルムが現存しておらず、本作では山中自身の手に依るシナリオからエピソードを拾うことで、オマージュが捧げられている。市川自身が手掛けたのは、第1、2話で、大胆なワイプ、紅葉をバックにしての立ち回り、スローモーションの活用など、随所に市川ならではの映像美学を観て取ることができる。
主人公・阿地川盤嶽を演じるのは役所広司。役所は、市川がオープンング&エンディング映像の演出並びに最終回のメガフォンを取ったテレビドラマ『刑事追う』(1996年)に主演しており、その後、映画『どら平太』(2000年)を経て、本作で三度目の邂逅を果たす。市川とはこれが最後の作品となった。
なお、本作はワイドテレビ時代の到来を見越して、画角16:9のスーパー16mmで撮影されており、ブラウン管テレビが主流であった当時は、4:3にトリミングされて放送された。本DVDでは16:9での収録となり、当時、味わうことができなかった作品本来の魅力を余すことなく堪能下さい。

盤嶽の一生

2016年2月2日発売  PCBP.62083 ¥19,000(本体)+税 DVD5枚組 三方背ケース

原作:白井喬二
監督:市川崑 ほか
脚本:田村恵、九里子亭、古田求、金子成人 ほか
出演:役所広司 桃井かおり 石橋蓮司 國村隼 梨本謙次郎 広岡由里子 芦屋小雁 ほか
制作:フジテレビ 映像京都
制作協力:松竹京都映画
初回放送2002年3月5日~6月18日 フジテレビ系

カートに入れる

若村麻由美主演の傑作時代劇。
幻の名作と言われた作品が多くのファンの声に応え、遂にパッケージ化!!

「御家人斬九郎」で辰巳芸者の蔦吉役を好演した若村麻由美の主演作として、原案は金子成人、監督は「眠狂四郎」や「座頭市」シリーズの井上昭ほかにより、映像京都が制作。ファン垂涎の傑作時代劇!!

封入特典
六歳の時に火事で両親を亡くしたお染(演:若村麻由美)は、兄とも生き別れ、両国の芝居小屋・菊川春之助一座に拾われて芸人として育った。持ち前の美貌と芸で、「夜桜お染」と呼ばれて一座の看板になり、今は引退して両国で踊りと三味線の師匠をしている。ある日、若年寄支配・吉川帯刀(演:古谷一行)に引合されたお染めは、薬草の買い付けに諸国を巡っていた父・富蔵が、帯刀が使う公儀隠密であったことを知らされる。吉川より「富蔵の跡を継ぐ気はないか」と問われたお染は親の仇を突き止め、行方不明の兄との再会を夢見て、隠密になる決意を固めるのであった。
夜桜お染

本作は『御家人斬九郎』(1995~2001年)で辰巳芸者の蔦吉役を好演した若村麻由美の主演作として企画され、物語は一話完結の体裁を取りつつも、お染の親の仇討、行方不明の兄の捜索といった縦軸が、各話に散りばめられ、全10話を通じて、ひとつの作品が完結する構成となっている。原案はメインライターとして6本の脚本を手掛けた金子成人、監督は大映出身で「眠狂四郎」や「座頭市」シリーズなどで知られる井上昭が第1、2、10話でメガフォンを取り、制作の映像京都のスタッフと共にその世界観を作り上げた。2003年10月14日よりフジテレビ系で放送の時代劇ファン垂涎の傑作時代劇ドラマシリーズを初パッケージ化!!

夜桜お染

2016年3月2日発売  PCBP.62084 ¥19,000(本体)+税 DVD5枚組 三方背ケース

原案:金子成人
監督:井上昭 斎藤光正 ほか
脚本:金子成人 田村惠 中村努
出演:若村麻由美/内藤剛志/片岡愛之助/火野正平/遠藤憲一/古谷一行 ほか
製作:フジテレビ 映像京都
制作協力:松竹京都映画
放送期間:2003年10月14日~2004年1月27日 全10話

カートに入れる

PAGE TOP↑